岩手労働基準協会

協会本部へのお問合せ

最終更新日

新着情報

  • 2022.04.19
    【死亡労働災害防止のための取組について(要請)】
    本日(4月19日)、岩手労働局長から災害防止8団体に対して、別紙の要請を手交されてまいりました。その内容は、1月~4月19日現在までの死亡労働災害発生件数は、10人と多発傾向に歯止めがかからない状況となっており、 本日(4月19日)から6月30日までの間「労働災害防止強化期間」として、別添の要請事項を踏まえた労働災害防止のための一層の取組を実施するよう要請する内容です。したがって、限られた時間の中で会員である各事業者が要請事項等を踏まえて実態に合わせた取り組みをされるよう要請いたします。
    1.岩労発基0419第1号(令和4年4月19日付)「死亡労働災害防止のための取組みについて(要請)、別添:「死亡労働災害防止強化期間」における要請事項は、こちら
    2.令和4年労働災害発生状況(令和4年1月~4月)は、こちら
    3.令和3年労働災害発生状況(令和3年1月~12月)は、こちら
  • 2022.05.06
    【5月6日以降の受講者の受入について】
    当協会ではこれまでも行ってきた「三つの密」を避けること、手洗いの励行、マスク着用等の基本的な感染対策を継続します。岩手県感染症対策本部からの 4月28日以降の 感染が拡大している地域 との往来は 慎重に判断 するようお願いします。 移動先の感染状況 や、 都道府県の要請内容 を確認し、 慎重に行動 するよう願います。との方針をふまえて、 受講者には検温を実施するなど の受入をすることとなりますのでお知らせいたします。なお、 感染者の状況によっては受け入れを制限する場合があります のでご了承願います。
    【知事メッセージ】4月28日こちら
    【岩手県からのお知らせ】4月27日こちら
    【全国の感染状況】はこちら
    【講習会を受講される皆様へ】 及び【講習会を受講される会社のご担当者様へ】は、こちら
    【感染症対策した講習会場・】 写真は、こちら
  • 2022.05.02
    2022年7月迄の講習会のご案内を更新しました。
  • 2022.05.18
    【全基連:トピックス】公益社団法人全国労働基準関係団体連合会(略称:全基連)が受託した『個別労働紛争の防止・解決のための労働法制普及・啓発事業』《厚生労働省委託事業》
    個別労働紛争解決研修(基礎研修、応用研修)、労働判例・政策セミナーの募集を開始しました。詳しくは、こちら
  • 2022.05.09
    【外国人技能実習制度関係者養成講習のご案内】
     外国人技能実習法では、技能実習の適正な実施及び技能実習生を保護するため、実習実施者には技能実習責任者講習の受講を義務付け、また、技能実習指導員講習及び生活指導員講習の受講を推奨しています。2022年度岩手県では下記の日程で講習会を開催します。実習実施者の皆様には奮ってご受講いただきますようご案内します。なお、 2019 年10月29日~31日に受講された受講者の皆さんは、3年が経過するまでの間に講習を受講しなければなりません。
    ■講習内容 技能実習責任者講習8月8日(月)、技能実習指導員講習8月9日(火)、生活指導員講習8月10日(水)詳しくは、こちら
  • 2022.04.08
    【建築物石綿含有建材調査者講習】令和4年度開催(一般・一戸建て等)のお知らせ
     本講習は、厚生労働省・国土交通省・環境省告示第1号に基づき、建築物に使用されている石綿に起因して発生する健康被害及び健康障害を未然に防止するため、建築物に使用されている石綿含有建材の使用実態について、中立かつ公正に専門的な調査を行うことができる調査者の育成を目指すものです。当協会は、建築物石綿含有建材調査講習の登録(令和3年3月16日~令和8年3月15日)を行っています。本年度の講習開催予定は下記のとおり。 詳細は、8月1日分情報誌及びホームページに掲載いたしますので、内容をご確認のうえお申し込み願います。 【注:10月分申し込みの受付は、8月1日からとなります。】
    「建築物石綿含有建材調査講習」のご説明は、こちら
    「建築物石綿含有建材調査講習登録規程」は、こちら「受講資格」は、こちら)
    A. 一般建築物石綿含有建材調査者講習 日 時:令和4年10月20日(木)、21日(金)
    日 時:令和5年1月18日(水)、19日(木)
    日 時:令和5年3月7日(火)、8日(水)
    B. 一戸建て等石綿含有建材調査者講習 日 時:令和4年10月25日(火)
    ※「一般建築物石綿含有建材調査者講習」並びに「一戸建て等石綿含有建材調査者講習」は、受講者の受講状況により追加開催を予定いたします。
  • 2022.04.19
    【熱中症①無料出張講座、②OS-1体感キャンペーンのご案内】
    「本夏も暑くなる」、「本格的な暑さが早まるかもしれない」と言われています。そのお手伝いをいたします。熱中症①無料出張講座、②OS-1体感キャンペーンのご案内は、こちら
  • 2022.02.15
    【岩手県薬剤師会検査センターからのお知らせ】
    厚生労働省では、「溶接ヒューム」、神経障害等の健康障害を及ぼす恐れがあることが明らかになったことから、労働安全衛生法施行令、特定化学物質障害予防規則(特化則)等を改訂し新たな告示を制定しました。改正政省令は・告示は令和3年4月1日から施行・適用されています。溶接ヒューム濃度の測定、フィットテストのご用命は、こちら
  • 2022.01.17
    【石綿事前調査結果報告システム】 建築物等の解体又は改修時の石綿等の使用の有無に係る事前調査の結果等の報告について、令和4年4月1日から原則として、電子情報処理組織を使用して所轄労働基準監督署長及び都道府県知事等に報告(義務)しなければなりません。詳しくは、 こちら。

    併せて 報告対象となる工事を実施する事業者の方に、同報告に使用する石綿事前調査報告システムについて、操作に慣れていただくことを目的としてユーザーテストを実施することとなりました。詳しくは、 こちら
  • 2020.10.10
    【金属アーク溶接等作業に従事する皆さま、事業場の皆さまへ】
    労働安全衛生法施行令等が改正され、「溶接ヒューム」及び「塩化性酸化マンガン」について労働者に神経障害等の健康障害を及ぼすおそれがあることが明らかとなったことから、労働者の化学物質へのばく露防止措置や健康管理を推進するため所要の改正(令和3年4月1日施行)が行われました。「溶接ヒューム」及び「塩化性酸化マンガン」に係る作業又は業務について、新たに作業主任者(特定化学物質及び四アルキル鉛等作業主任者技能講習)の選任、作業環境測定の実施及び有害な業務に従事する労働者に対する健康診断の実施が必要となります。詳しくは、こちら
  • 2020.01.06
    会員専用ページにアクセスする場合は、基準情報誌最新号の編集後記の下欄を確認ください。
© 岩手労働基準協会. All rights reserved.